自分たちへの挑戦!ダイソン「埃の見える化」で掃除機の機能に妥協を許さない姿勢が素敵です!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/26/news086.html


ダイソンさん、すごいの発売しますね。


ダイソンさんがインテリジェントな掃除器を発売したという記事です。


私、週末に掃除機をかけていますが、めんどくさいなぁ~と思う割に、やり始めると細かい埃まで気になるんですよね。


ただ、埃があるかどうかパッと見では分からないのですが、そういった埃まで見える化できるなら、掃除のやりがいが上がりそうですね。


何が一番すごいかって、埃を見えるようにするということは、掃除機で吸い取る義務も発生します。


つまり、掃除機の性能によほど自信がない限り、こんなことできないってことです。


掃除機として自分たちへ挑戦を挑んでいることになります。


さすがダイソンさん、成長源を垣間見ました。


▼まとめ

・コードレス掃除機「Dyson V12 Detect Slim」を発売

・ヘッドからレーザー光を床面に照射して微細なホコリを可視化し取り逃しを防ぐ

・吸い込んだゴミの大きさや量も識別できる

・10μm以下のゴミは花粉、180μm以上はダニの死骸など、その場所に多いハウスダストの種類も分かる


電気屋で一回触れてみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え