興味本位で調べてみた「キッチンカー」物凄く魅力的でした!アプリを早速DLして活用してみます!


 

https://eatas.jp/article/1390

 

興味本位で調べてみた「キッチンカー」。


やはり面白そうな世界ですね。


・新型コロナウイルスの影響によるテイクアウト需要

・SNSの普及とキッチンカー向けマッチングサービスの登場

上記2点より今後も伸びる予測とのことです。


え?マッチングサービスって何?


▼キッチンカー事業者向けのアプリ「TLUNCH」

https://nonosso.hatenablog.com/entry/tlunch


「TLUNCH」は2016年にリリースされたフードトラック事業者と空きスペースをマッチングするサービスとのことです。



そうですよね、自由気ままにトラックで移動できても売る場所は確保しないとですもんね。


つまり、都内のビル内テナントは次々に撤退している。


従業員はコロナ禍に気軽に飲食に行けない。

福利厚生的の一環として企業がスペースを提供し、キッチンカーを5台とか誘致する。

従業員は嬉しいし、企業側もデメリットなく従業員満足度を改善できる。


「今後は緩やかに地方都市へブームが広がっていく」


企業のイベント誘致にも活用できそうですね。

別途、移動する車という視点で「オフィスカー」にも注目しています。


▼オフィスカーの導入はSDGsにも繋がる…ジャパンキャンピングカーショー2021

https://response.jp/article/2021/04/05/344636.html


地方移住ブームとはいえ、現実的に踏み出せない、踏み出す環境にない従業員さんって沢山いらっしゃいますよね。


そんな時、年に数回でも「川辺で仕事をする」とか「朝サーフィン後にすぐ仕事ができ終わった後すぐ海に入れる」とか憧れる人いそうかなと。


料金はでら高そうですが。。。


▼まとめ

・キッチンカーとはフードトラック・ケータリングカーとも呼ばれている

・年々キッチンカーの検索数が上昇している

・SNSの普及・キッチンカー向けマッチングサービスの登場でさらに加速

・今後もますます期待が寄せられる業態


近所のキッチンカーを探して食べに行ってみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛