興味本位で調べてみた「キッチンカー」物凄く魅力的でした!アプリを早速DLして活用してみます!


https://eatas.jp/article/1390


興味本位で調べてみた「キッチンカー」。


やはり面白そうな世界ですね。


・新型コロナウイルスの影響によるテイクアウト需要

・SNSの普及とキッチンカー向けマッチングサービスの登場

上記2点より今後も伸びる予測とのことです。


え?マッチングサービスって何?


▼キッチンカー事業者向けのアプリ「TLUNCH」

https://nonosso.hatenablog.com/entry/tlunch


「TLUNCH」は2016年にリリースされたフードトラック事業者と空きスペースをマッチングするサービスとのことです。



そうですよね、自由気ままにトラックで移動できても売る場所は確保しないとですもんね。


つまり、都内のビル内テナントは次々に撤退している。


従業員はコロナ禍に気軽に飲食に行けない。

福利厚生的の一環として企業がスペースを提供し、キッチンカーを5台とか誘致する。

従業員は嬉しいし、企業側もデメリットなく従業員満足度を改善できる。


「今後は緩やかに地方都市へブームが広がっていく」


企業のイベント誘致にも活用できそうですね。

別途、移動する車という視点で「オフィスカー」にも注目しています。


▼オフィスカーの導入はSDGsにも繋がる…ジャパンキャンピングカーショー2021

https://response.jp/article/2021/04/05/344636.html


地方移住ブームとはいえ、現実的に踏み出せない、踏み出す環境にない従業員さんって沢山いらっしゃいますよね。


そんな時、年に数回でも「川辺で仕事をする」とか「朝サーフィン後にすぐ仕事ができ終わった後すぐ海に入れる」とか憧れる人いそうかなと。


料金はでら高そうですが。。。


▼まとめ

・キッチンカーとはフードトラック・ケータリングカーとも呼ばれている

・年々キッチンカーの検索数が上昇している

・SNSの普及・キッチンカー向けマッチングサービスの登場でさらに加速

・今後もますます期待が寄せられる業態


近所のキッチンカーを探して食べに行ってみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え