西武園ゆうえんち「昭和×ライド」で新規OPEN!地域通貨や昭和体験など、仕掛けにこだわり抜いているみたいです!


 

https://www.sankei.com/life/news/210519/lif2105190002-n1.html

 

なるほど、ただ昭和をイメージしただけではなく、現代に合わせた仕掛けをしているんですね。


西武園ゆうえんちが新装開業したという記事です。


ひとつは園内通貨。


乗り物チケットではなく、独自の地域通貨を利用しています。


意図は別ですが、独自で経済圏を持つことで、そこでしかできない体験を提供しています。


また、1960年台の昭和をリアルに懐かしむのは主に60代以上です。


遊園地は乗り物や派手なアトラクションが中心のため、メインターゲットは若年層~ファミリー層ですが、60代以上のご夫婦もターゲットにしています。


乗り物に乗らなくても足を伸ばしたくなる仕掛けで、客層を伸ばせそうですね。


その他、非ライドの体験を多く取り込んでいます。


どこの遊園地やテーマパークに行っても、同じ「宝さがし」「的あて」「幼児向けの乗り物」でお金を消費すると、なんだかなぁと思います。


個人的にはライド以外の部分で差別化がどれだけできているのか楽しみですね。


▼西武園ゆうえんちHP

https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/index.html


▼まとめ

・西武園ゆうえんちが19日に新装開業

・高度成長期の「昭和の町並み」の再現がコンセプト

・電話機、干してある洗濯物といった小物

・看板のさびに至るまで細部にこだわった町並み

・八百屋によるバナナのたたき売り

・泥棒を追いかける警察官

・年間入園者数が最大で約194万人→直近37万人

・新装には約100億円を投資


是非、行ってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり