触った場所が白く浮かぶ!これは清掃関連の業務効率化に役立ちそうな直感です!


 

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4282505.html

 

おぉ、、、これは面白いですね。


人が触ったところが可視化される技術を紹介した記事です。


ビルテナントの清掃する側としては楽そうですね。


と思いましたが、いたるところがマークされるため、決まった時間に定期的に清掃していればよかったものが、都度清掃する形になりそうで逆に大変になるかもしれませんね。


皆が利用している場所は可視化され過ぎる為、向かないとしたら、どういった場所に向いているのでしょうか。


老人ホームや介護施設などでしょうか。


と考えていたら、使い方が全然違いそうですね。


レストランなどでお客様が利用した後に、サーマル以外のスイッチを入れると白く浮かび上がり、そこを掃除するイメージですよね、きっと。


食事中にベタベタと白くなっていったら食べてる方が嫌ですもんね。


その、白くなったところを自動清掃してくれたりする機材があったらより便利ですね。


▼まとめ

・NTTは扉や机などで人の触った場所が分かる仕組みを開発

・表面温度を測るサーマルカメラで熱の痕跡を測定

・一般的なカメラ映像との変化を画像処理することで人が触れた場所を検出

・このシステムを使うと触った場所が分かるので集中的に消毒する


意外とイノベーション起こせるかもですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛