誰でも開発ができる時代に!カルビーさんでは、ひと昔前なら数千万円かかる開発を従業員の元技術者が数日で開発してしまったようです!


 

https://www.businessinsider.jp/post-236895

 

へぇ~個人の力が発揮されていますね。


カルビーが応募の仕組みを「折りパケ」に変更したことに関する記事です。


そもそも、キャンペーンで集まった10万通のはがきは、個人情報だけに抽選以外の目的に活用できないわけですね。


アプリを開発してQRスキャンする仕組みを作ることで、性別等の属性を活用できます。


カルビーさんの凄いところが、この開発をマーケターの方が行った点です。


経験があったとはいえ、Azure Cognitive Servicesを利用し数日で開発ができてしまうのは、時代を感じますし、そのことに対して会社が「OK」を出すあたりにカルビーさんの強さを感じます。


企業の大小問わず、個の力が試される時代になりました。


▼まとめ

・カルビー社内でもマーケティングにおいてメーカーと消費者の距離を近づけることを模索していた

・例年開催する「大収穫祭」、じゃがいも2kgなどが10万人に当選する一大キャンペーンに目をつけた

・わざわざ折って応募する仕組み「折りパケ」で、アプリの活用と小さく畳んで捨てられるようになった


最初、「折る人いるの?」と思いましたが、はがきで書いて送付する労力を考えれば一定数はいる気がしてきました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実