誰でも開発ができる時代に!カルビーさんでは、ひと昔前なら数千万円かかる開発を従業員の元技術者が数日で開発してしまったようです!


https://www.businessinsider.jp/post-236895


へぇ~個人の力が発揮されていますね。


カルビーが応募の仕組みを「折りパケ」に変更したことに関する記事です。


そもそも、キャンペーンで集まった10万通のはがきは、個人情報だけに抽選以外の目的に活用できないわけですね。


アプリを開発してQRスキャンする仕組みを作ることで、性別等の属性を活用できます。


カルビーさんの凄いところが、この開発をマーケターの方が行った点です。


経験があったとはいえ、Azure Cognitive Servicesを利用し数日で開発ができてしまうのは、時代を感じますし、そのことに対して会社が「OK」を出すあたりにカルビーさんの強さを感じます。


企業の大小問わず、個の力が試される時代になりました。


▼まとめ

・カルビー社内でもマーケティングにおいてメーカーと消費者の距離を近づけることを模索していた

・例年開催する「大収穫祭」、じゃがいも2kgなどが10万人に当選する一大キャンペーンに目をつけた

・わざわざ折って応募する仕組み「折りパケ」で、アプリの活用と小さく畳んで捨てられるようになった


最初、「折る人いるの?」と思いましたが、はがきで書いて送付する労力を考えれば一定数はいる気がしてきました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え