資本主義の歴史上、最大の革命!?「サーキュラー・エコノミー」の観点と合わせて「もったいない」を意識しましょう!


 

https://forbesjapan.com/articles/detail/40221/3/1/1

 

やはり企業から変えていくことが早くて確実な訳ですね。


サーキュラー・エコノミーは過去250年にわたる資本主義の歴史における最大の革命とも言われていますね。


▼サーキュラーエコノミーとは

 

https://ideasforgood.jp/glossary/circular-economy/#:~:text=%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%9E%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E5%BE%93%E6%9D%A5%E3%81%AE,%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

現在、世界で生産される食品の3分の1が廃棄されています。


『地球が自然に再生することのできる資源の1.75倍を消費しており、このままでは2050年までに2倍以上の資源を消費するようになる』とあるように、現状は必ず資源を使い切る社会システムです。


消費者が食品ロス削減を努力することも大事ですが、企業がサーキュラー・エコノミー(循環型経済)を構築し資源を循環させる経済を作ることで、そもそもの無駄をなくすことの方が効果的に環境負荷を減らせます。


オランダでは2050年までに100%サーキュラーエコノミーを実現することを掲げています。


日本でも取り組みを強化している企業がありますが、ユニクロの名前が入っているってさすがです。。。


▼ダイキン、ミツカン、ブリヂストン…日本の先進企業11社

 

https://www.businessinsider.jp/post-222510

 

▼まとめ

・サーキュラー・エコノミーへの移行に向けて、いまこそ行動を起こす時

・サーキュラー・エコノミーは、2030年までに4.5兆ドルを超える新たな市場機会を生み出す

・気候危機と戦うための最大のソリューションは、食品廃棄物の削減である


我々が出来ることはシンプルで、もったいない食べ方は避けていきましょう。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し