資本主義の歴史上、最大の革命!?「サーキュラー・エコノミー」の観点と合わせて「もったいない」を意識しましょう!


https://forbesjapan.com/articles/detail/40221/3/1/1


やはり企業から変えていくことが早くて確実な訳ですね。


サーキュラー・エコノミーは過去250年にわたる資本主義の歴史における最大の革命とも言われていますね。


▼サーキュラーエコノミーとは

https://ideasforgood.jp/glossary/circular-economy/#:~:text=%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%9E%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E5%BE%93%E6%9D%A5%E3%81%AE,%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82


現在、世界で生産される食品の3分の1が廃棄されています。


『地球が自然に再生することのできる資源の1.75倍を消費しており、このままでは2050年までに2倍以上の資源を消費するようになる』とあるように、現状は必ず資源を使い切る社会システムです。


消費者が食品ロス削減を努力することも大事ですが、企業がサーキュラー・エコノミー(循環型経済)を構築し資源を循環させる経済を作ることで、そもそもの無駄をなくすことの方が効果的に環境負荷を減らせます。


オランダでは2050年までに100%サーキュラーエコノミーを実現することを掲げています。


日本でも取り組みを強化している企業がありますが、ユニクロの名前が入っているってさすがです。。。


▼ダイキン、ミツカン、ブリヂストン…日本の先進企業11社

https://www.businessinsider.jp/post-222510


▼まとめ

・サーキュラー・エコノミーへの移行に向けて、いまこそ行動を起こす時

・サーキュラー・エコノミーは、2030年までに4.5兆ドルを超える新たな市場機会を生み出す

・気候危機と戦うための最大のソリューションは、食品廃棄物の削減である


我々が出来ることはシンプルで、もったいない食べ方は避けていきましょう。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え