資本主義の歴史上、最大の革命!?「サーキュラー・エコノミー」の観点と合わせて「もったいない」を意識しましょう!


 

https://forbesjapan.com/articles/detail/40221/3/1/1

 

やはり企業から変えていくことが早くて確実な訳ですね。


サーキュラー・エコノミーは過去250年にわたる資本主義の歴史における最大の革命とも言われていますね。


▼サーキュラーエコノミーとは

 

https://ideasforgood.jp/glossary/circular-economy/#:~:text=%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%9E%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E5%BE%93%E6%9D%A5%E3%81%AE,%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

現在、世界で生産される食品の3分の1が廃棄されています。


『地球が自然に再生することのできる資源の1.75倍を消費しており、このままでは2050年までに2倍以上の資源を消費するようになる』とあるように、現状は必ず資源を使い切る社会システムです。


消費者が食品ロス削減を努力することも大事ですが、企業がサーキュラー・エコノミー(循環型経済)を構築し資源を循環させる経済を作ることで、そもそもの無駄をなくすことの方が効果的に環境負荷を減らせます。


オランダでは2050年までに100%サーキュラーエコノミーを実現することを掲げています。


日本でも取り組みを強化している企業がありますが、ユニクロの名前が入っているってさすがです。。。


▼ダイキン、ミツカン、ブリヂストン…日本の先進企業11社

 

https://www.businessinsider.jp/post-222510

 

▼まとめ

・サーキュラー・エコノミーへの移行に向けて、いまこそ行動を起こす時

・サーキュラー・エコノミーは、2030年までに4.5兆ドルを超える新たな市場機会を生み出す

・気候危機と戦うための最大のソリューションは、食品廃棄物の削減である


我々が出来ることはシンプルで、もったいない食べ方は避けていきましょう。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛