近い未来、広告が街からなくなります!サイレント広告が主流になります!


https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07210558/?all=1


当時、話題になっていましたね~。


KINCHOさんが新聞広告を持ち上げて、最後のURLを踏むと「ネット大好きKINCHO」から壁紙をもらえるという仕掛けで話題になったという記事です。


単刀直入に言えば、もう広告は誰も見ないし必要とされていないということでしょう。


いろいろな理由の一つが慣れにあります。


例えば、都内通勤の50歳の方は、通勤中に浴びるほど広告を見てきました。


広告は毎年進化しつつ、見る人に様々な訴求をしてきましたが、広告の訴求方法は限界を迎え、パターンがなくなっていきました。


50歳男性の方は、あらゆる訴求をされ続けた結果、広告免疫を獲得しているので、広告側がデザインをどんなに変えても、男性には広告内容を感染させることができなくなります。


どんな訴求をされても「結局、物売り」の広告には心を動かされなくなります。

(どんな訴え方をされても広告は広告、と刷り込まれるため)


つまり、広告に対する信用がなくなりました。


先日、話題になった新宿駅前の猫の3Dサイネージ広告。


あれも話題になっていますが、慣れてしまえばもう誰も見なくなりますよね。

(とはいえ、手法として、サイネージ広告が定番になる時代が到来しますが。)


一周回って商品と価格だけがドーンと書いてあるほうが信用度は高い気がするくらいです。


別途、今後の広告の在り方「サイレント広告」について書きますね。


▼まとめ

・関西ノリの奇抜なCMで知られるKINCHO

・今度は新聞広告で本領を発揮し、大反響を呼んでいる

・新聞を持ち上げつつ、ネットでオチをつける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、