近い未来、広告が街からなくなります!サイレント広告が主流になります!


 

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07210558/?all=1

 

当時、話題になっていましたね~。


KINCHOさんが新聞広告を持ち上げて、最後のURLを踏むと「ネット大好きKINCHO」から壁紙をもらえるという仕掛けで話題になったという記事です。


単刀直入に言えば、もう広告は誰も見ないし必要とされていないということでしょう。


いろいろな理由の一つが慣れにあります。


例えば、都内通勤の50歳の方は、通勤中に浴びるほど広告を見てきました。


広告は毎年進化しつつ、見る人に様々な訴求をしてきましたが、広告の訴求方法は限界を迎え、パターンがなくなっていきました。


50歳男性の方は、あらゆる訴求をされ続けた結果、広告免疫を獲得しているので、広告側がデザインをどんなに変えても、男性には広告内容を感染させることができなくなります。


どんな訴求をされても「結局、物売り」の広告には心を動かされなくなります。

(どんな訴え方をされても広告は広告、と刷り込まれるため)


つまり、広告に対する信用がなくなりました。


先日、話題になった新宿駅前の猫の3Dサイネージ広告。


あれも話題になっていますが、慣れてしまえばもう誰も見なくなりますよね。

(とはいえ、手法として、サイネージ広告が定番になる時代が到来しますが。)


一周回って商品と価格だけがドーンと書いてあるほうが信用度は高い気がするくらいです。


別途、今後の広告の在り方「サイレント広告」について書きますね。


▼まとめ

・関西ノリの奇抜なCMで知られるKINCHO

・今度は新聞広告で本領を発揮し、大反響を呼んでいる

・新聞を持ち上げつつ、ネットでオチをつける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実