近い未来、広告が街からなくなります!サイレント広告が主流になります!


 

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07210558/?all=1

 

当時、話題になっていましたね~。


KINCHOさんが新聞広告を持ち上げて、最後のURLを踏むと「ネット大好きKINCHO」から壁紙をもらえるという仕掛けで話題になったという記事です。


単刀直入に言えば、もう広告は誰も見ないし必要とされていないということでしょう。


いろいろな理由の一つが慣れにあります。


例えば、都内通勤の50歳の方は、通勤中に浴びるほど広告を見てきました。


広告は毎年進化しつつ、見る人に様々な訴求をしてきましたが、広告の訴求方法は限界を迎え、パターンがなくなっていきました。


50歳男性の方は、あらゆる訴求をされ続けた結果、広告免疫を獲得しているので、広告側がデザインをどんなに変えても、男性には広告内容を感染させることができなくなります。


どんな訴求をされても「結局、物売り」の広告には心を動かされなくなります。

(どんな訴え方をされても広告は広告、と刷り込まれるため)


つまり、広告に対する信用がなくなりました。


先日、話題になった新宿駅前の猫の3Dサイネージ広告。


あれも話題になっていますが、慣れてしまえばもう誰も見なくなりますよね。

(とはいえ、手法として、サイネージ広告が定番になる時代が到来しますが。)


一周回って商品と価格だけがドーンと書いてあるほうが信用度は高い気がするくらいです。


別途、今後の広告の在り方「サイレント広告」について書きますね。


▼まとめ

・関西ノリの奇抜なCMで知られるKINCHO

・今度は新聞広告で本領を発揮し、大反響を呼んでいる

・新聞を持ち上げつつ、ネットでオチをつける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://nikkan-spa.jp/1858295 ますます加速していきそうですね。 中国で日本ウイスキーが高値で転売されているという記事です。 世界的なウイスキーブームで国産のウイスキーは品薄になっています。 食材も同じように中国や海外が高値で買っていくため、日本人は美味しいものを食べられなくなるのでしょう。 土地も外国人が買い漁っています。 この傾向はあと10年は変わりません。 これば

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_632bba54e4b0572027aefe48 なるほどですね。 温暖化した未来では経験したことのない威力の台風が到来する可能性があるという記事です。 とても客観性がある記事でした。 威力が強い台風が増えているのは間違いなく、今後さらに威力を増すのは肌感でも感じますよね。 仮に人間の活動による温暖化が影響し

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092201103&g=eco おぉ、さすがローソンですね。 ローソンがアバター接客を3年間で200店舗以上に導入するという記事です。 コンビニに限らず、人手不足は深刻の極みです。 接客以外に集中できるのであれば、1人でも店をまわせます。 アバターが活躍してくれれば、店に従業員がいない時間があっても大丈夫です。 (1人だと