近未来は「テレパシー」が当たり前に!?手に麻痺がある方がスマホを利用できるようになる技術は素晴らしいです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/09/news055.html

 

シンプルに凄いですね。※サイト内に動画あり


ブレインテックに関しては明るくないのですが、この技術の延長上に、麻痺障がいがある方を救いたいという想いがあるみたいですね。


一時期、「BMI(ブレインマシンインターフェース)」という言葉を耳にしました。脳と情報通信機器をつなぐ技術ですね。


▼脳の見える化「ブレインテック」は何ができる? 懸念点、国の取り組み・企業事例も

https://www.sbbit.jp/article/cont1/38093#head3


上記サイト内のカオスマップを見ていると私が聞きなれないだけで、様々な企業が参入している分野なのですね。


技術開発が進めば、人対人の間でも通じ合えるようになるのでしょうか。


ビジネス的に社長の考えがtwitterを通さずに瞬時に伝わるサービスとかできたら、完全に脳内ハックされますね。


今後の成長は目が離せないです。


▼まとめ

・イーロン・マスク氏が2016年に創業した米Neuralink

・神経記録・データ送信チップ「N1 Link」を開発している

・9歳のマカクザルが脳だけでお気に入りのゲーム「Pong」をプレイ

・約6週間前にN1 Linkを埋め込んだ

・麻痺のある人がスマホを利用したり、歩けるようになったりする


さらに勉強してみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛