返却というシステムで自動で客数を増やすひねりアイデアは小規模事業者にとっては命を繋ぐことに直結します。


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2112/25/news025.html

 

おぉ、これはすばらしいひねりですね。


2021年5月に名古屋でオープンしたmirumeさんが店舗の売上を1.8倍にしたという記事です。


サービスとして、朝店頭のボトルを300円で持っていき、帰りにボトルを返却するというものです。


売上はボトルの売上ではなく、返却される際に「なんとなくお店に入って他のの商品を買ってしまう」という仕組みです。


ボトルの購入に関して小さな課題を消していったことも勉強になりますが、客数を増やすための施策が面白いと感じました。


普通、客数を増やす施策は「チラシ」「WEB広告」「友達にきてもらう」などが基本です。


しかし、どれもお金がかかってしまいますし、広告を打たないと客数が伸びなくなりやすいです。


その点、「エコ」「おしゃれ」「美味しい」などをキーワードにしてボトルの購入を促し、「返却」というシステムで自動で客数を増やすって考えたことがありませんでした。


小規模事業者にとって、こういったアイデアのひねり方は重要ですねよ。


勉強になりました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛