逆張りが功を奏す!?ローソンが『マチの本屋さん』で9000点の本を展開します!


https://www.47news.jp/6328857.html


どのような売り場になっているか楽しみですね。


ローソンが『マチの本屋さん』を展開するという記事です。


基本的に本とコンビニは相性が良いのですが、雑誌を中心に本が全国的に売れなくなったため、コンビニでも本が売れなくなり、売り場をひたすら縮小し続けていました。


ここにきて「本屋の撤退」と「一定のニーズの顕著化」で販路が見込めるのでしょう。


コンビニは昔、ジャンプ、マガジンが売れ筋で稼いでいましたが、新しい世の中のニーズに対し、的確に商材を投入できていたわけではありません。


確か、取次店のシステムで本が納品されていたため、分析の制度があまり高くなかったように記憶しています。


そもそもローソンは以前から本には力を入れていました。


逆を張り続けた中で見えた世界があるのかもしれません。


上記含めて、ローソンが日本出版販売株式会社と提携することで売上を上げらる可能性は高いと感じます。


▼まとめ

・ローソンは、日本出版販売株式会社と連携し、新ブランド『LAWSONマチの本屋さん』を立ち上げる

・通常のコンビニエンスストアの約3,500品目に加え、約9,000タイトルの本・雑誌を取り扱う

・近場で本が手に入れられるニーズが高まっている


9000点の本が並ぶ店内を見てみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え