選択肢が平等にあることが大切!難聴者と健聴者が自然と会話できる技術、早く実現してほしいです!


 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC304NE0Q1A830C2000000/?unlock=1

 

あ、この技術めっちゃいいですね!


ソフトバンクがAIで手話をテキストに変換することで健聴者と会話ができるようにする、という記事です。


コメントの中に「オンラインを利用するのであれば、手話を使わずにテキストで打てばいい」という意見もありますが、それは違います。


例えばZOOMを行う際、健聴者は「しゃべる」「テキスト」という選択肢があります。


難聴者は「テキスト」しかありません。


実際にAIを導入し活用するかどうか以上に、難聴者に多くの選択肢があることが重要です。


健聴者もZOOM中、意思疎通方法として、会話禁止で「テキストのみ」となればストレスが溜まります。


難聴者は普段手話を利用しています。


普段利用している手段を「利用できない」ことで相当の負担がかかっています。


選択肢が増えること、とても素晴らしいことですね。


▼まとめ

・ソフトバンクは2024年度にも、人工知能(AI)が手話を日本語に翻訳する技術を実用化

・スマートフォンなどで最短1秒以内に翻訳

・手話ができない健聴者と聴覚障害者が直接対話しやすくする

・5000語への対応をめざす


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛