選択肢が平等にあることが大切!難聴者と健聴者が自然と会話できる技術、早く実現してほしいです!


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC304NE0Q1A830C2000000/?unlock=1


あ、この技術めっちゃいいですね!


ソフトバンクがAIで手話をテキストに変換することで健聴者と会話ができるようにする、という記事です。


コメントの中に「オンラインを利用するのであれば、手話を使わずにテキストで打てばいい」という意見もありますが、それは違います。


例えばZOOMを行う際、健聴者は「しゃべる」「テキスト」という選択肢があります。


難聴者は「テキスト」しかありません。


実際にAIを導入し活用するかどうか以上に、難聴者に多くの選択肢があることが重要です。


健聴者もZOOM中、意思疎通方法として、会話禁止で「テキストのみ」となればストレスが溜まります。


難聴者は普段手話を利用しています。


普段利用している手段を「利用できない」ことで相当の負担がかかっています。


選択肢が増えること、とても素晴らしいことですね。


▼まとめ

・ソフトバンクは2024年度にも、人工知能(AI)が手話を日本語に翻訳する技術を実用化

・スマートフォンなどで最短1秒以内に翻訳

・手話ができない健聴者と聴覚障害者が直接対話しやすくする

・5000語への対応をめざす


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え