顧客ニーズを「満たすこと」「創ること」をハイスピードで回転させることで他社との圧倒的な差を生んでいるスシローさん、さすがです!


https://diamond.jp/articles/-/271452?page=6


さすがスシローさんです。


スシローさんのビジネスモデルと戦略に関しての記事です。


こういった記事を読んでいると、結局は「顧客ニーズを満たすこと」と「顧客ニーズを創ること」の両軸をフルスピードで回せる企業は強いなと。


例えば、スシローさんは新商品を2週間に1回出しているとのことですが、点でみると新商品が売れた売れない、があると思います。


もちろん、開発部としては売れることが必須の反面、直接の現金回収(売上)とは別に、イメージ戦略面、参入障壁を考えるとプラスになっていると。


景気が悪くなると、大半の企業は目先の現金回収に走り、ブランドを捨ててしまい、企業が衰退していきます。


スシローは原価率が高くても利益率がくら寿司の倍となっているのは、見事です。


私的に他チェーンと比べると圧倒的にネタがおいしいと感じますが、気のせいでしょうか。


▼まとめ

・顧客価値におけるスシローの特徴を言えば、「すしへのこだわり」

・すしを軸としたポジショニングを外さない王道戦略を貫いている

・「羽田市場」に出資し、業務提携をしている

・年間を通して約2週間に1回の頻度で、すしを軸とした新鮮なメニューの提案とプロモーションを展開

・利益率の秘訣は客単価の向上

・加えてITを駆使した接客の自動化と生産性向上で店舗の運営コストを低減

・食べた皿の枚数をAI搭載のカメラで画像解析し、支払い額を自動で計算するシステムの導入も進めている


今後も伸びていきそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え