食品廃棄を減らすアプリ「フラッシュフード」が静かに拡大中!やはり米国って先進的だなぁ~と感じる瞬間です!


 

https://blogos.com/article/542139/

 


アメリカって、こういったソリューション、ホント強いですよね。


食品廃棄を減らすもモバイルアプリ「フラッシュフード」が静かに拡大しているという記事です。


拡大する要因、それはとにかく仕組みがシンプルなことに尽きるなと感じます。


利用者は

・フラッシュフードを介して最寄りのジャイアントを選択

・欲しい商品を注文・決済

・ラッシュフード・ゾーンにある冷蔵庫や棚から注文品を受け取る

だけです。


企業側もしかりです。


日本のコンビニ大手3社が導入したら、利用者もFCオーナーも助かる人多そうですね。


今後、この類の新規事業はアプリ(IT)でシンプルに提供できるか否かを前提に開発を検討していきそうですね。


▼まとめ

・廃棄となる食品量は世界中で年間13億トンを超えている

・世界ではいまだ11人に1人が飢餓に苦しんでいる

・アメリカ国内でも食品廃棄は大きな社会問題になっている

・フラッシュフードが利用者と企業を繋げ解決を目指している


なんとなくですが、日本で似たようなアプリを開発する(もしくはしている)企業が出てきそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛