飲食は「内食」に商機あり!?「出張シェフ」の福利厚生があったら間違いなく利用してしまいますね!


https://www.businessinsider.jp/post-231917


福利厚生の世界の変化、全然知りませんでした。


実際、通常の飲食店も食事の届け方として「店舗型」から「宅配型」に変化しています。


全体の流れからすると納得ですね。


また、食の形態として「外食」「中食」「内食」とあります。


「宅配型」は「中食」のお届けが一般的ですが、出張シェフは「内食」の市場を開拓しています。


シンプルな表現で言えばプロの料理人による家事代行業ですね。


ただ作るだけのプランだけでなく、育児食や介護食を作るプランや子供への食育アドバイスなどもプロならではのサービスとして非常に魅力的です。


また、参入企業としては参入障壁として「福利厚生」は非常に重要です。


飲食店の数は日本で60万店以上ありますが、個人飲食店は「大~中小企業の福利厚生」としてサービスを準備することは、モノとコトの両面で難しく簡単にマネできません。


こういった在宅×法人向けの出張サービスは今後伸びそうですね。


▼まとめ

・コロナ時代の福利厚生として注目されているサービス

・出張シェフ「法人プラン」問い合わせ急増

・出張シェフサービス「SHARE DINE(シェアダイン)ではサービス利用数は3倍に増えた

・個人での利用が中心だったが、コロナ禍で法人向けプランの問い合わせも5倍と急増

・仕事が減ったシェフら1100人が登録

・そのた、社員に出前館のクーポンを配布


日本全体の昼飯の需要が無くなるわけではないため届け方次第ということですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え