飲食店は鉄則を守り抜いた店舗が勝ち残り、薄利多売型の店舗は負けない戦いに切り替えて生き残りをかけていくべきでしょう。


 

https://times.abema.tv/articles/-/10003814

 

街を見ていると景気感は上がっているように感じます。


ぐるなび統計として、飲食店のネット予約が大幅に上がっているという記事です。


統計は対象月など比較元により見え方が変わりますのでなんとも言えませんが、街を歩いていると明らかに人の流れは戻りつつあると感じます。

(それでも居酒屋は厳しい状況ですが)


先行きとして2つ言えることがあります。


①客数は戻り客単価は上がる

②ネット予約等IT化に取り組んでいた店舗が強い


コロナ前から①、②を念頭に取り組んできた店舗は今後強いのは間違いありません。


私が顧問担当しているうなぎ屋さんも①、②を守ってきたこともあり、売上が好調です。


逆に薄利多売で世の景気に任せた経営をしてきた店舗は生き残りをかけた我慢比べが始まっています。


残念ながら淘汰が進むでしょう。


そういった意味では、例えばマクドナルドの経営は鉄則を抑えた経営をしているため常に勝ち続けています。


常に単価を上げる施策を打ち続けており、ドライブスルーやモバイルオーダーなど、最新技術を常に取り入れ続けています。


結果、コロナ禍でも圧倒的に強かった。


今からでも遅くはないため将来を見据えて先の手を打っていくべきでしょう。


がやてっく開発室

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生