高性能な商品で「水の循環」の概念を変える取り組み!SBはインフラ事業を押さえ、さらに太いマネタイズを目指しています!


 

https://iotnews.jp/archives/174999

 

へぇ、WOTAさんの取り組み、知りませんでした。


WOTAさんの分散型の水供給システムの構築についての記事です。


ものすごく高性能な商品に驚きました。


▼WOTA株式会社

https://wota.co.jp/wota-box/


最先端のAI水処理技術によって、一度使った水の98%以上が再利用できるため、災害先などで重宝されているそうです。


仮に家庭で利用した場合、風呂や洗濯の水などほぼ再利用できるということですね。


また、ソフトバンクはしたたかな戦略に出ていますね。


インターネットや携帯電話のインフラを押さえるのと同様、「水」の分野も押さえにきました。


水道関連は老朽化が問題視されており、課題を解決する方法がありませんでした。


ソフトバンクが今後「水」のインフラ事業を押さえる、つまり、ターゲットは全国民となり、「ネット」「電気」「水」のセット割等、展開の幅が一気に広がります。


さらに、顧客の生活に深く入り込むことで、太くて継続的に定額のマネタイズが可能です。


ソフトバンク、恐るべしです。


▼まとめ

・水不足の問題は世界的に深刻な状況に直面

・国内における水道事業は

  水道インフラの老朽化に伴う維持コストの増大

  耐震化への対応、水処理施設における技術者不足

  過疎地域の人口減少による収入減

などの課題を抱えている

・WOTA株式会社は水道がない場所でも安全な水を繰り返し供給できる技術を保有

・ソフトバンク株式会社とWOTAは、資本・業務提携に合意


今後の展開が楽しみになる話題です。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛