10年後の未来も薄っすらと見えてきましたね!ロボ導入→人件費削減でサイゼリヤは生き残れるのでしょうか。


 

https://newswitch.jp/p/28997

 

どんどん時代は変わっていきますね。


サイゼリヤが自動配膳ロボを納入し今後も拡大していくという記事です。


サイゼリヤさんはコロナ以降、キャッシュレス化や店舗改装などお金を投資に回しています。


店内IT化の視点でいえばフロッグジャンプしていますが、コロナ禍でのサイゼリヤさんの売上は厳しく、ロボットを導入して経費面を抑制しても、まだまだ厳しい状況は続くのではないでしょうか。


2021年 8月期第 2四半期決算説明会の資料を見ていても、抜本的に集客の体質を変えなければ先が見えなそうです。

→https://www.saizeriya.co.jp/PDF/irpdf000977.pdf


とりあえず、注文するときに利用する記入式のオーダーを何とかしてもらいたいです。


たまにいくと記載することを忘れてしまいますし、結果的にテーブルで従業員がメニューを読み上げるので、コロナ対策にはなっていません、、、ということも、ロボ導入で解消する予定だったのですね。


時代の流れは速くとも、10年後の日本の未来が薄っすら見えてきましたね。


これからも応援しています。


▼まとめ

・アルファクス・フード・システム(AFS)は配膳人工知能(AI)ロボット「サービスショットα2号機」を実証実験用に納入した

・サイゼリヤの台場フロンティアビル店

・2022年9月期に約100台へ倍増したい考え


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり