10年後は3Dプリンターの家が当たり前に!?住宅がエコで作れて価格も5分の1になります!


https://www.sankei.com/article/20210725-IRK5XIM6BJPRVPBLLMEIXQA3BQ/


へぇ~やはり日本でも検討は進んでいるんですね。


300万で3Dプリンターの家が24時間で建つ、という記事です。


アメリカではすでに販売開始となっており、オランダでも開始されているみたいですね。


地震に対する強度等も気になりますが、そもそもの建付けが気になるところです。


ドアの開閉やエアコンの穴などの隙間等、気になりますが、きっと3Dで作ったほうが精度が良い、という結果になるのでしょうね。


30坪だとウワモノで1,500万くらい?なので、価格が5分の1になること自体は魅力的です。


コロナ禍で、田舎との2拠点生活も気軽にできそうですね。


▼まとめ

・セレンディクスパートナーズ(兵庫県西宮市)の取り組み

・床や外壁、天井を3Dプリンターでつくる

・人の手が必要な内装を含め、300万円の低価格で住宅建設が可能

・令和4年には別荘用の小型家屋の試験販売を開始する計画


あっという間に当たり前となってそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言