2021年の食の流行りはオートミール、マリトッツォ、バタフライピーなどなど、ほとんど食したことがありませんでした。


 

https://www.businessinsider.jp/post-247153

 

今年は食に対して鈍感でした。。。


クックパッドが12月2日、2021年を象徴する食や家庭料理を選出する「食トレンド大賞2021」を発表したという記事です。


とはいえ、そこそこベターな感じではありますね。


私が食したのは「マリトッツォ」のみ。


その他はほとんど触れませんでした。


マリトッツォはクリームと合わせて入れる食材が変えられることや、フルーツサンドがプチ流行していることもブームになった要因なのかなと勝手ながら予測しました。


来年の予測は

「中東のブレンド調味料「デュカ」やカレーの新たな潮流「ポークビンダルー」、中華食材の「豆腐干」など、いつもと違ったエスニックな味付けや食感を楽しめる料理・食材の人気が高まりそう」

とのことです。


そこらへんで見かけたら試してみようかな、笑


ーーーーーーーーーーーーーーー


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生