Instagramは「タグる」から「タブる」の時代へ!若年層への広告の在り方も大きく変わっていきます!


 

https://dime.jp/genre/1171084/

 

へぇ~インスタの強さを改めて感じますね。


Instagramユーザーは「タブる」が常識になっており、消費行動化しているという記事です。


日本ではディスクトップでのTwitterの利用が世界平均より高い、という記事をさっき読んでいましたが、Instagramのタグる回数は世界平均の5倍とのことです。


実態調査で判明したことは、Z世代は「ハッシュタグ」ではなく、「発見タブ」の方をより利用している、とのことです。


今までの購入までの概念が完全に変わっています。


「認知」→「興味」→「検索」→「購入」

「   レコメンド    」→「購入」


30年前は「中国製品、ベトナム製品など外交製品はは安かろう悪かろう」と、ブランドは購入決定に欠かせないものでした。


インターネットがなかった時代のため、仕方ないですよね。


近年は国に関係なく製品やサービスの品質も上がったため、ブランドを気にしなくなりました。


信頼できる他者が「いいサービス!」と言えば、それでOkです。


そもそも人間は不確実なものにはお金を払いたくありませんので、他者が満足している状況こそが最高のモノサシとなっていることは間違いないですね。


と、考えるとインスタの「タブる」は理にかなった機能だといえます。


▼まとめ

・発見タブとは、レコメンド機能が搭載されたInstagramの検索待機画面のこと

・アンケートで「暇な時にInstagramを使う」が一番多く、暇な人は発見タブを見る率が一番高い

・今後は、ハッシュタグよりも発見タブから購入を決定する、いわば”タブる”が時代のスタンダードとなることが予測される


もちろん、私はほとんど見ません、笑


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し