NASAがUFO解明に本腰!高利益の企業ほど一般的に名前を知られてなかったりしますよね!


 

https://www.cnn.co.jp/fringe/35171872.html

 

昔の印象と変わりましたよね。


ビジネスとは全然関係ありませんが、アメリカでUFO解明に本腰を入れるという記事です。


30年ほど前は、「絶対にUFOはあり得ない」という感覚でした。


小学生だったからかもしれませんが、宇宙についての解明が進み情報が増えてくると、「まぁ、あり得るよね」と思うようになりました。


UFOは技術的に空を飛べるのでしょうかね?


世界の経済も、マス向けの話題が大きい企業が取りざたされますが、実施に収益をしっかり捻出している会社って、一般的には無名な会社だったりしますよね。


もやは、生命体の行きつく先は、ロボ→UFOのフォルムが生命体の最終系(つまり、UFOが生命体)なのかな、とか思います。


だから、昆虫のような謎な飛び方も実現できるのかな、なんて。


▼まとめ

・ビル・ネルソン氏がUFOの解明に本腰を入れる

・UFOは光学現象とは考えられない


解明に期待しつつ、怖さもありつつです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ