NYタイムズのDXが好調なのはシンプルな目標設定とDXに愚直に取り組んでいたためですね。

更新日:2021年2月8日

NYタイムズはこんなに好調なんですね。

・2020年12月末 有料契約者の合計:752万3千人 ・2019年12月末 有料契約者の合計:525万1千人 ・1年間で227万2千人増加 ・25年12月末までの目標1,000万人 ・成長戦略は紙媒体や広告収入への依存から脱却

目標は余裕でクリアできますね。

フリーペーパー事業はデジタル化が苦手な印象です。 どこも成功していないのではないでしょうか。

アナログ有料会員 → デジタル有料会員 = イメージしやすい。 アナログ無料会員 → デジタル無料会員 = イメージしやすい。 アナログ無料会員 → デジタル有料会員 = 悩ましい。。。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実