TikTokでプロモーション、Instagramでファン形成の時代が数年続きそうですね!41歳、ナチュラルに活用していきます!


https://signal.diamond.jp/articles/-/791


納得感のある内容でした。


Instagramが動画を軸に今後は展開していくという記事です。


最近、TikTokのアカウント登録していろいろな動画を見たり投稿したりしていますが、今回の記者と全く同じことを感じました。


まず、TikTokは動画の拡散性が強くリアクションがよいです。


利用者は25歳以上が大半にも関わらず、さほど知られていない人の動画再生数が10万回を軽く超えたりしています。


それだけユーザーがアクティブに動いており、拡散力が強いということなのでしょう。


そもそものTOPページが「レコメンド表示」のため、不特定多数の動画が次々に流れてくる仕組みですので、拡散を前提に設計されているのでしょう。


動画界のTwitterですね。


逆にInstagramは閉じてきており、特定のファンと交流するファンコミュニティ化しています。


つまり、短尺動画で勝負するならTikTokでプロモーションをかけて、Instagramでファン形成する流れは強くなっていきそうです。


今後新規参集するなら、TikTokの活用は避けては通れません。


先日41歳になりましたが、活用していきます。


▼まとめ

・Instagramは今後動画に関する新機能を開発していく

・ユーザー体験の最大化に役立つ新機能を増やす

・ユーザーはInstagramに対してエンターテインメント性を求めている

・そのため、動画に注力する方針の発表に至った


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ