TikTokでプロモーション、Instagramでファン形成の時代が数年続きそうですね!41歳、ナチュラルに活用していきます!


 

https://signal.diamond.jp/articles/-/791

 

納得感のある内容でした。


Instagramが動画を軸に今後は展開していくという記事です。


最近、TikTokのアカウント登録していろいろな動画を見たり投稿したりしていますが、今回の記者と全く同じことを感じました。


まず、TikTokは動画の拡散性が強くリアクションがよいです。


利用者は25歳以上が大半にも関わらず、さほど知られていない人の動画再生数が10万回を軽く超えたりしています。


それだけユーザーがアクティブに動いており、拡散力が強いということなのでしょう。


そもそものTOPページが「レコメンド表示」のため、不特定多数の動画が次々に流れてくる仕組みですので、拡散を前提に設計されているのでしょう。


動画界のTwitterですね。


逆にInstagramは閉じてきており、特定のファンと交流するファンコミュニティ化しています。


つまり、短尺動画で勝負するならTikTokでプロモーションをかけて、Instagramでファン形成する流れは強くなっていきそうです。


今後新規参集するなら、TikTokの活用は避けては通れません。


先日41歳になりましたが、活用していきます。


▼まとめ

・Instagramは今後動画に関する新機能を開発していく

・ユーザー体験の最大化に役立つ新機能を増やす

・ユーザーはInstagramに対してエンターテインメント性を求めている

・そのため、動画に注力する方針の発表に至った


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し