TikTokでプロモーション、Instagramでファン形成の時代が数年続きそうですね!41歳、ナチュラルに活用していきます!


 

https://signal.diamond.jp/articles/-/791

 

納得感のある内容でした。


Instagramが動画を軸に今後は展開していくという記事です。


最近、TikTokのアカウント登録していろいろな動画を見たり投稿したりしていますが、今回の記者と全く同じことを感じました。


まず、TikTokは動画の拡散性が強くリアクションがよいです。


利用者は25歳以上が大半にも関わらず、さほど知られていない人の動画再生数が10万回を軽く超えたりしています。


それだけユーザーがアクティブに動いており、拡散力が強いということなのでしょう。


そもそものTOPページが「レコメンド表示」のため、不特定多数の動画が次々に流れてくる仕組みですので、拡散を前提に設計されているのでしょう。


動画界のTwitterですね。


逆にInstagramは閉じてきており、特定のファンと交流するファンコミュニティ化しています。


つまり、短尺動画で勝負するならTikTokでプロモーションをかけて、Instagramでファン形成する流れは強くなっていきそうです。


今後新規参集するなら、TikTokの活用は避けては通れません。


先日41歳になりましたが、活用していきます。


▼まとめ

・Instagramは今後動画に関する新機能を開発していく

・ユーザー体験の最大化に役立つ新機能を増やす

・ユーザーはInstagramに対してエンターテインメント性を求めている

・そのため、動画に注力する方針の発表に至った


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり