YouTubeはすでに老舗!「ミート戦略」でいかに時代を切り抜けていくのか、これからが見ものですね!


 

https://japan.cnet.com/article/35173788/?utm_source=newspicks&utm_medium=news_distribution&utm_campaign=newsfeed_distribution

 

ショート動画とは、を考えるべきでしょうか。


YouTubeがショート動画を実装し日本でも提供開始を始めた、という記事です。


TikTokやインスタなど特定の短編動画が使える、使えないという縦割りの話ではなく、ユーザーが短編と長編の良さを知り、情報収集の仕方を使い分けるようになり、横割りが鮮明になったため、YouTubeも実装しただけだと思います。


つまり、ミート戦略の典型ですね。


私自身は短い時間で情報を収集したいため、YouTube大学のような30分以上の動画を1.5倍速で聞きますが、さすがに60秒ではまとまりませんので、やはり長編を閲覧します。


逆に要点だけを知れば楽しめるひろゆきさんの動画は、切り抜き1分~2分で十分満足できます。


ちょっとした店の紹介や動物系ネタは短編で十分です。


そして、すべにSNSごとに特性があり使い分けられています。


YouTubeのショートで何をどれだけ見るかは分かりませんが、一度覗いてみて他とあまり変わらないようであれば、動画はYouTube一本で済む方もいるかもしれません。


また、YouTube側からすれば、ショートがあまり上手くいかなくても、気にすることはないように感じます。


先行しているTikTok等からユーザーを奪う、今からYouTube以外のシュート動画へ流れるユーザーを足止めする、という視点に加え、今後もYouTube自体のユーザーは伸び続ける、と予測した場合、TikTokに対抗しているというより、必要に応じてミートさせているだけの話に着地します。


YouTuber系が面白い活用をするかもしれませんね。


▼まとめ

・YouTubeショートは、2020年9月に提供を開始

・最大60秒の正方形・縦動画を投稿できる動画サービス

・複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ、楽曲を追加する機能のほか、速度の設定などが可能な動画制作ツールを提供


オリジナル性が高いですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ